「適量の飲酒」と健康との関係性に新見解 「酒は百薬の長」ではない?!

「酒は百薬の長」という有名な言葉がある。酒好きにとっては、飲む理由として大変便利な言葉で、医師といえども正面切っては反論できない。この言葉を裏打ちするのが「Jカーブ効果」だ。横軸に1日平均飲酒量、縦軸に死亡率(飲酒習慣がない場合を1とした場合の相対危険率)をとってグラフを描いたものである。

「酒は百薬の長」はウソなのか?1
Holman CD, English DR, Milne E, Winter MG (1996) Meta-analysis of alcohol and all-cause mortality: a validation of NHMRC recommendations. Med J Aust 164: 141-145.

このグラフを見てわかるように、少量の飲酒をする人は、全く飲まない人に比べて死亡率が低くなるという結果になっている。死亡率が最も低くなるのは、男性では1日アルコール量で20g以下の群。これは、ビールで言えば1日500mlの缶1本以下、日本酒で言えば1日1合以下、焼酎では1日100ml以下に相当する(女性の場合は、おおむね男性の半分の量)。飲酒量が増えると死亡率は上昇し、男性では1日40g、女性では1日20gより多くのアルコール量を飲酒すると、全く飲まない人よりも死亡率が高くなる。1日60g以上の飲酒する男性では、全く飲まない人に比べて死亡率は1.4倍にもなる。

これは主に欧米人を対象にした研究の結果だが、日本人を対象とした研究でも、おおむね同様の結果が出ており、グラフの形がアルファベットの「J」に似ているので、少量の飲酒によって死亡の危険率が下がり、さらに量が増えると逆に危険率が上がる効果のことが、「Jカーブ効果」と呼ばれるようになった。しかしこの効果については、従来から、以下のような問題が指摘されてきた。

1.相関関係=因果関係ではない

Jカーブ効果は、主に多くの人を一定期間調査してデータをとるコホート研究で得られたものである。コホート研究では、少量飲酒者の死亡率が低いことは言えても、飲酒と死亡率の因果関係はわからない。例えば、全く飲まない人の中に、元々健康を損ねている人がいるなどの理由で非飲酒者の死亡率が高いと、少量の飲酒者の死亡率が見かけ上低くなる。

2.Jカーブ効果がない疾患もある

死亡率を下げる1番の要因として、心筋梗塞などの虚血性疾患で死亡するリスクが下がることが挙げられる。しかしアルコール性肝障害を始め、効果がない疾患も多い。しかし、疾患毎の飲酒量―死亡率曲線が提示されることは少ない。そのため、効果がない疾患を持っている人まで、「少量飲酒した方が良い」と誤解を生むことにつながる。

「酒は百薬の長」はウソなのか?2

3.研究結果の誤用

研究結果は、大量飲酒者が節酒する動機付けとなる資料として用いられるはずだが、実際は、断酒が必要な人が飲酒する理由に誤用するケースが後を絶たない。

4.飲酒習慣を続けると、量が増えて、Jカーブ効果がなくなる

アルコールは続けて飲むと耐性が生じ(酔う効果が弱くなり)、量が増えていく可能性がある。一旦生じた耐性はなかなか無くならない。

以上のような疑問は、多くの人達が持っていたもので、賛否両論の研究報告が、その後もなされてきた。そして、最近、それらの総集編ともいえる研究論文が発表され、話題となっている。研究をまとめたのは、オーストラリア国立薬物研究所のターニャ・クリスティー博士らのチームだ。国際アルコール薬物研究誌「JSAD」の2016年3月号に発表した。

クリスティー博士らは、メタ解析という方法を用いた。これは、調べようとするテーマに関連する過去の論文を網羅的に集め、研究方法や結果の妥当性を吟味するものである。この研究では、酒と健康の関連を調べた過去の論文87件を分析した。その結果、「重大な誤りに気づいた」という。「過去の論文の多くが、病気が原因で禁酒している人々のことを考慮の対象から除外している」というのだ。博士によると、酒を飲まない人々の中には次の事情の人がいる。

(1)糖尿病や心血管疾患などの病気で医師から禁酒をさせられている人。
(2)そのほかの病気を患ったり、もともと体が弱くて飲めない(あるいは飲まない)人。

こうした人々は早死にする可能性が高いのに、酒を飲む人と全死亡率を比較する際、統計に反映されてこなかった。そこで、「病気による飲酒」を考慮しない論文をすべて除外し、残りの論文を改めて分析し直すと、「適量の飲酒が、酒を飲まない人より健康的で長寿をもたらす」という結果は得られなかった。これまで酒好きを喜ばせてきた多くの研究は、最初から「統計ミス」によるものだったというわけだ。

クリスティー博士は「病気による禁酒を考慮しなかったことが、飲酒の健康への影響を見誤らせてきた。また、適度な飲酒のおかげで健康になるという見方も、原因と結果を取り違えている。健康だから酒を飲めるわけで、その逆ではない。過剰に酒を飲むとアルコール依存症になることを考えると、ほとんどの人にとって飲酒量は少ないほど良い」と語る。

また今回の研究で、もっとも健康によい「適量の飲酒」は、「10日間の合計アルコール摂取量が1ドリンク未満」だとわかった。「1ドリンク」とは、医学用語で約10グラムのアルコール量をいう。ビールなら中ビン半分、日本酒なら0.5合にあたる。酒好きにとっては、1日の飲酒量としても1ドリンクでは物足りない。ましてや10日間で1ドリンクは、「飲んでいない」に等しい量である。

この研究結果に対して、さらに賛否両論の意見や研究報告が出てくるであろう。筆者は、大量飲酒による合併症を患っている人に節酒や断酒の動機付けを行う際のキーワードとして、「Jカーブ効果」の効用は認める。一方、前述したような理由から、本来の目的とは逆に誤用されているケースをあまりにも多く見てきた。誤用されていると考えられる人には、本研究のことも伝えて、各人が、正確な判断を下せるように支援していきたい。
 

寄稿記事
NEWSALT 【コラム】「適量の飲酒」と健康との関係性に新見解 「酒は百薬の長」ではない?!(前編)
NEWSALT 【コラム】「適量の飲酒」と健康との関係性に新見解 「酒は百薬の長」ではない?!(後編)

カテゴリー: 未分類

書評『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』

以前ニュースサイトに、「年末年始の健康管理法【後編】~過食のメカニズムを学んで健康に」という記事を医師の視点で書き、「糖尿病=糖質依存」と考える視点が重要だと主張したいと書いたのに対し、多くの方々から賛否両論のコメントをいただいた。その中で、関連する参考書を教えてほしいというコメントがあった。この際、単に書名を伝えるのではなく、書評として書くことにした。

まず、紹介したいのが以下の書籍である。

『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』(原題『The Fix』(2012))
デイミアン・トンプソン 中里京子訳(2014) ダイヤモンド社

デイミアン・トンプソン氏略歴
1962年英国生まれ。オックスフォード大学卒業後、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)で博士号(宗教社会学)取得。元『カソリック・ヘラルド』紙編集長。現在は『デイリー・テレグラフ』紙のレギュラーライターおよびテレグラフ・メディアグループ敏腕ブログエディター。

著者のデイミアン・トンプソン氏は、一流のジャーナリストであると同時に依存症の当事者である。18歳でアルコール依存症となったが、32歳から20年間断酒を継続してきたという。断酒そのものは簡単だが、続けるのは至難の業なので、20年間なら大成功と言える。しかし20年の間、筆者は「何かに依存したい」という病的欲求に悩まされ続けてきた。『日用雑貨店のお菓子の棚の前では10分間も、取りつかれたように商品をじっと見続けてしまう。CDを買い込む癖には、破産寸前にまで追い込まれた』そうである。

何かにハマって起こる問題が執拗に続く状態を表す用語は、<依存症>と<中毒>の他に、<嗜癖>がある。<中毒>はもともと、自分の意志ではなく、不可抗力で体内に入った物質に有害作用による疾患を意味していた。火事に巻き込まれた人の一酸化炭素中毒、水俣病における水銀中毒などだ。しかし、アルコールのように自分の意志で摂取した場合にも<中毒>という用語が使われるようになり、混乱が生じた。そのため、自分の意志で摂取した場合は<依存症>という用語を使うことになった。今でいう「アルコール依存症」は、以前は「慢性アルコール中毒」、「慢性酒精中毒」という診断名だったのである。その後、ハマる対象が「物質」ではなく、「人」や「行為(ギャンブル、買い物)」である場合にも<依存症>を使うようになった。ところが、依存症の人から見ると、ハマる対象が複数ある人の方が多く、その場合「○×依存症」という診断名を羅列するのはスマートではない。そこで登場したのが<嗜癖>という用語である。<買い物嗜癖>というように<依存症>と同じ使い方もできるが、多くの対象への依存症がある場合に、<交差嗜癖>という用語を用いると、一言で表現できて便利である。また、<交差嗜癖>を持っている人を<嗜癖者>と呼ぶことも多い。日本語の<交差嗜好>より、英語の「cross addiction クロス・アディクション」の方が頻用されており、<嗜好者>も、英語の「addict アディクト」の方が頻用されている。

著者は、「お菓子や音楽CDは”依存性物質”だと社会的に認知されていないのに、なぜ依存の対象になるのか?」と疑問を持ったところから調べていくうちに、自らがクロス・アディクションであることを認知した。ジャーナリストであるがゆえに、そこにとどまらず、研究論文も多数読破し、アディクションを作り出す側の人への取材を経て、同書が誕生した。

少し長いが、同書の目次を以下に示す。目次を眺めるだけでも、巧みな戦略により全世界規模でクロス・アディクションが人々の脳に深く浸透していることが見て取れるだろう。

第1章 社会は私達を「廃人」にしたがっている
~iPhoneいじりと、甘すぎるスイーツに見る病みつきビジネス
・カップケーキ、iPhone、鎮痛剤―21世紀をむしばく「3種の欲望」
・依存症の私と、健全な彼らのあいだに差はあるのか・
・脳の「ストップ&ゴー」システムを狂わせるテクノロジー
・見直される依存症、拡大する依存症
・砂糖まみれのカップケーキと過食症
・iPhone依存症―「病みつき」になるデザインと、その被害者達
・なぜ、新製品が出るたびにアップルストアに並ぶのか?
・2億人がハマるように仕組まれたゲーム「アングリーバード」
・セレブの娯楽となった鎮痛剤「バイコディン」
・ハイになるために医者に通うー「乱用者」達のあきれた実態
・「感情のコントロール」というニーズと、それを過剰に満たす社会

第2章 依存症は、本当に”病気”なのか?
~環境次第で、誰もが「依存者」になりうる社会
・依存症者の集会で感じた2つの疑問
・アルコール依存を救うAAが編み出した「依存症=病」という公式
・2人の友人、その運命を分けたもの
・依存症は、本当に疾患なのか?~医者達の傲慢な言い分
・自力で立ち直ったら依存症ではない?
・ベトナム戦争の怪~なぜ、兵士のヘロイン依存は、突如として治ったのか?
・病ではなく習慣~依存症に至る4つの「入手しやすさ」とは?

第3章 なぜ、自分を破滅に導く習慣を止められないのか?~
~病みつきビジネスが利用している脳の仕組み
・突然、ギャンブルとポルノに嵌った70歳
・快楽物資ドーパミンは「欲望物資」だった!?
・パーキンソン病が、内向的な人ばかりを襲うワケ
・ヘロイン、MDMA、アルコール~薬物に対する脳の反応カタログ
・私達を欲望の虜にする合図(cue)は、あらゆるところに
・ただし、脳を見ても、誰が依存症かはわからない。
・自分のためにならないとわかっていて、なぜ、わざわざやってしまうのか?
・レジ横のクッキーから始まる依存症ビジネスの仕組み

第4章 お買い物とヘロインとお酒の共通点とは?
~自由市場と依存の関係は、18世紀ロンドンで始まった。
・ショッピングモールは、人を「ゾンビ」にする?
・「カードを決裁端末機に入れたくてたまらない」~買い物依存の実態。
・SNSもドラッグである~テクノロジーと依存症の共犯関係
・世界一人気のある向精神薬「アルコール」の歴史
・18世紀ロンドンの「ジン狂い」に見る「入手しやすさ」という隠れた要因
・ティッピング・ポイントを超えた先~誰が依存症になるかは予測できない。
・清朝200万人が阿片にハマった本当の理由
・カジノとストリップクラブ~依存を巧みに利用する自由市場の力学
・ヘロインが恐ろしいのは、成分や習慣性が理由じゃない。
・依存症は、すぐに「浮気」する。
・ある「CD収集狂」の告白

第5章 スイーツは、もはやコカインだ
~スタバのフラペチーノの仕込まれた巧妙な戦略
・オフィスを侵す「ご褒美スイーツ」
・「スーパーサイズ・ミー」が糾弾すべきは「バーガー」ではなかった?
・砂糖は脳を支配する~ケーキとコカインの類似性
・「コーヒーと一緒なら許される」~クリスピー・クリーム・ドーナツとスタバの戦略
・外食の楽しみが「食べる」から「撮る」に変わったのはいつから?
・スーパーの陳列棚は依存につけこむアイデアであふれている。
・食品業界が悪用する4つの状況「HALT:Hungry Angry Lonely Tired」
・フラペチーノ~欲望のスイッチを押す巧妙な製品
・肥満になったナバホ族~食の「欧米化」は遺伝子をも変える。
・「食べ物によって自分を労う」という新しい習慣

第6章 どこに行っても安く、大量に酒が手に入る世界で
~社会をアルコール漬けにするメーカーと販売網
・ユーチューブに溢れかえる「酔っ払い動画」
・アルコールにおける男女格差は縮まっている!
・私はこうして人生の支配権を失った① 人づきあいの不安から酒に手を
・私はこうして人生の支配権を失った② 酒が友人となり、AAの扉を叩く
・酒造メーカーと販売網が狙う夜の世界経済圏
・入手できるならMDMAでも精神安定剤でも~若者の「酒×ドラッグ」文化

第7章 処方箋が、これほどいい加減とは!
~合法的なクスリでも十分飛べる
・ADHDの薬「アデノロール」(成分名はアンフェタミン 日本では覚せい剤取締法の対象)のもう1つの顔
・18歳のライプツィヒのタイム「トリップ」
・9歳の子供から元ジャンキーまで~600万人が行っている処方箋の不正利用
・私のアルコール依存、その最終段階~精神安定剤にハマって儀式を執り行う
・「眠らずにすむクスリ」を乱用して勉強する大学生
・「向知性薬」頼みの生活の副作用やいかに?

第8章 ゲームという新時代のギャンブル
~合言葉は「ユーザーを永遠のキャッシュマシンに!」
・「ネトゲ廃人」デニスと9つの人格
・「インターネット依存症」は存在するのか?
・「ゲーム化」するテクノロジーが僕らをハメる
・オンラインゲームの第一命題は「脳のハイジャック」
・アプリ内課金という悪魔~デザインの力で気づかずに金を使わせる
・人は偶然ゲームに病みつきになりはしない~すべては開発者の戦略
・「アングリーバード依存」は治療できるか?
・「友達リクエスト」と「ブロック」でゲーム化される人間関係
・ゲームへの依存が引き起こす2つの障害とは
・「絆」がドラッグになる時

第9章 「無料ポルノ革命」の衝撃
~最新テクノロジーを最大限に生かす無秩序な業界と、その餌食たち
・ユーチューブと、その兄弟がおこしたポルノの大洪水
・インターネット・テクノロジーは、子供も老人も区別しない
・とんでもない量のポルノが世界を駆け巡る
・もはや変態と後ろ指さされることなく「ハードコア」を見られる時代に
・テクノロジーの進化とポルノの巧妙化・ハード化
・無秩序な市場で行われるユーザーの「目」と財布の奪い合い
・「エロトトキシン」説vsポルノ学習説。勝者は
・ポルノとドラッグの類似点
・「コカイン×ポルノ」の二重依存症者ポールの破滅
・児童ポルノで逮捕された司祭① 強迫的なコレクター
・児童ポルノで逮捕された司祭② 孤独感からうっかりダウンロード
・ポルノサイトはスロットマシンと同じ設計!?
・変態性ですら「自分らしさ」に
・リアルな女性に興奮できない若者達
・「供給主導型」の依存症ビジネスがもたらす悪循環

第10章 われらと誘惑から救いたまえ
~依存の「解毒」すら、商売になる時代で
・元売人で、依存症専門の心理学者ジャフィ
・ドラッグの合法化で、問題は解決できるのか?
・依存を理解するための3つのカテゴリー
・いかに病みつきにさせられるか?~競い合う企業と無防備な消費者
・危険ドラッグは氷山の一角~グローバル化がもたらした貧困より重い「病」
・マフィアと若者の思惑が一致して、マーケットが生まれる
・依存の治療でさえビジネスに~膨れ上がるリハビリ産業
・はびこる無力感と21世紀の「免罪符」
・キリスト教もペルーのカルトも~「依存から救いう」とネタに勢力を伸ばす宗教家達
・我らを食い物にするビジネスとテクノロジーに対抗するすべがあるか?
・「廃人」リスクが高まる社会で、己の欲望と向き合うために

「クロス・アディクション(複数の対象への依存症)」の種類は多岐にわたるので、本稿では、代表的なものであるフード・アディクションを紹介する。筆者が「なるほど!」と思ったのが、フード・デザイナーという専門職があることである。その企業が作る食品や(レストランの場合は)サービスに、ハマらせるかを研究し、戦略を立て、遂行しているということだ。

その一人であるザンシ・クレイ氏は同書の中で、若い女性を中心に人気のカップケーキ販売戦略を例に以下のように語っている。
『カップケーキは、究極の見かけ倒しの食べ物よ。めかしこんで、10代の女の子のアイドルみたいに形づくられている。まさに少女たちの夢を食べ物で体現したものだわ。
憧れをかきたてることにおいて、セレブと張り合えるライバルがショッピングしかないようなゴシップ誌の世界では、カップケーキは、素朴な“ヴィクトリア・スポンジケーキ”と違って、消費者へのアピール性が高い。摂食障害が、自分をコントロールするための必死の手段なのだとすれば、こうした人工的で完璧すぎるものを食べるのは、とりわけ満足が行く行為でしょう。何より、大量の糖分が渇望を癒し、低血糖症が引き起こされて、交感神経の活動を高めてくれる。スムーズでふわふわしていて脂っこい質感は、アイスクリームと同じように、吐くにはぴったりでしょうしね。
それに、これは私の偏見かもしれないけれど、カップケーキの究極的な虚しさ――栄養なしの高カロリー食品であることや、絶対に期待した味がしないことなど――は、過食症に悩む女性や男性の象徴になっているんだと思うの』

ここまで悟っているフード・デザイナーの立てた戦略の前では、無防備な人達の脳は、なすすべがないと感じる。

同書には他にも、マクドナルド、スターバックス、アップルなど一流企業の戦略が取り上げられている。普段の生活の中でよく接する、これら一流企業が提供している製品やサービスから、アディクションが生み出されるとは、なかなか思い至らないだろう。スポンサーとして大きな影響力があるため、これらの企業にとって不利な情報をマスメディアは流しにくいためでもある。

同書から読み取れる、アディクションから脳を守るために必要なことは、以下の3つだ。

(1)真実を知るための情報源を持つ。
(2)短期的な心地よさや欲望より、長期的に有益かどうかを、常に考える。
(3)「有益なこと」と「有害なこと」を見抜いて、有益なことは行い、有害なことは行わないことを続ける。

自分や家族をアディクションから守りたいと考えるすべての人に読んでいただきたい本である。
 

寄稿記事
NEWSALT 【特集企画~書評(健康・医療編)】 『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』~あらゆるモノにハマる現代人(1)
NEWSALT 【特集企画~書評(健康・医療編)】 『依存症ビジネス――「廃人」製造社会の真実』~あらゆるモノにハマる現代人(2)

カテゴリー: 未分類